img-1

安全掲示板の特徴と使い方

安全掲示板は、作業現場の安全性に関する、情報を掲示することが目的です。

従来は、口頭のみで安全確認するやり方が主流だったので、聞き逃してしまったり、確認が不足することがありました。
一方、安全についての意識が高まった結果、安全確認の方法が増えて、それに伴う標識の登場にも結び付いています。

安全掲示板の内容は、使用する現場によって異なりますが、基本的には責任者名を始めとして、作業内容や注意点が書かれます。

有資格者名、という項目もありますから、専門的な作業の手順は誰に相談するのが良いか、そういったことも一目で分かるのが魅力的です。

安全掲示板の有益情報にあふれているサイトです。

これ自体は、紙に印刷しても使えるので、独自のデザインで作成したり、作って配ることも出来ます。

お手軽さが魅力の新聞折込について詳しく説明しています。

ただ、内容は状況によって変化しますし、誤って消したり消えてしまっては困るので、耐久性のある製品を選ぶことがおすすめです。



価格は大きさによりますし、一般的に高価ですが、金額に見合う使い勝手と、長く使える安心感が得られるでしょう。

大判であれば、書き込む項目欄に余裕があり、遠目に見ても見やすく作られているので、小型の物より使い勝手が良いと考えられます。



安全掲示板選びは、予算の影響を受けますが、使いやすさが安全意識に繋がるので、基本的には大きさを優先して選択するのがポイントです。導入を決めて、設置が完了した後は、正しい使い方であったり、効果的な使い方を知ることが大切です。



この標識の価値は、安全に関する意識の共有がされてこそ発揮するので、全ての人の目に届く必要があります。


設置は目線よりもやや高く、遠くからでも見える位置が最適です。

毎日作業を始める前は、掲示板の前に集合して、項目を確認しながら読み上げる、これが基本的な使い方となります。

http://news.biglobe.ne.jp/it/0325/lfh_160325_5843337981.html

日々同じだと内容を覚えてしまい、ヒューマンエラーに発展しやすくなるので、変化を加えながら読み上げると良いでしょう。確認する順番は、項目通りで問題ありませんが、淡々と事務的な読み上げ方であれば、また同じ口調と思われたり、内容が耳を素通りしてしまいます。

http://smany.jp/5661

注意点は二度繰り返す、あるいは強調気味に抑揚をつける工夫は、安全効果を引き出す切っ掛けになります。

作業に参加する作業員もまた、逆に意識を高めたり、自主的に再度確認する等して、気持ちを引き締めることが肝心です。

現場は効率優先で、各々の自主的な行動が求められますが、それと同時にチームワークの重要性も高まります。

http://news.livedoor.com/article/detail/11565230/

誰かが気を抜けば、事故の切っ掛けが生まれていまったり、ドミノ倒しに発展する恐れも生じるので、安全意識の向上と、それに役立つ安全掲示板の存在が重要です。


一度起きた事故は、その後に大きな損失を出しますが、防止対策は事前に行なえますし、安全性を高める標識自体はお金で買えます。

安全掲示板の導入はいわば、事故を防ぐ為の先行投資で、導入済みの現場では、その効果が少なからず現れています。

全く何もしないのと、導入して活用するのとでは、作業員の意識に違いが生まれますから、導入を検討する価値があるといえるでしょう。

関連リンク

img-2

Web制作者に求められているもの

Window95がリリースされた当時、日本でもようやくインターネットのインフラストラクチャーが整ってきて、多くの企業が公式Webサイトを開設するようになりました。その当時、企業のWebサイトは一件700万円ほどであったと言われています。...

more
img-3

記念日を残す動画制作

素人でもデジカメや携帯、スマホなどで簡単に動画を撮影することが出来るようになりました。さっと撮影して保存しておくことが出来て、大変便利です。...

more