img-1

Web制作者に求められているもの

Window95がリリースされた当時、日本でもようやくインターネットのインフラストラクチャーが整ってきて、多くの企業が公式Webサイトを開設するようになりました。その当時、企業のWebサイトは一件700万円ほどであったと言われています。
まだこのころはWebサイトの重要性は認識されておらず、これからはインターネットの時代だという掛け声はあったにせよ、それが営業ツールとして力を持つには至りませんでした。
ようするに今時公式サイトのひとつも持っていないようでは、という発想に留まっていたのです。

今日ではおそらく、その十分の一の金額で十分なWebサイトができると思われます。

しかし価格は大いに安くなったものの、期待される効果は従来とは比べ物にならないほど大きなものになっています。
今日では流通が大きく発達したため、個人商店でもマーケティング戦略に長けていれば大企業と互角の勝負ができると言われています。そしてマーケティング戦略とは、当然のことながら今日的意義はやはりインターネットと切り離しては考えられないようになっているのです。
そのためWeb制作業者には、当然のことながらマーケティング戦略のノウハウに知悉していることが求められています。

したがってWeb制作者は単にWebサイトを作るというだけではなく、クライアント企業の特色・市場に占める位置・どのような営業戦略を練っているか・強みと弱み・市場動向といった要素まで、きちんと把握した上でクライアント企業に対し提案を行なえるようでなくてはなりません。

例えばインターネットのユーザーが、サプリメントの購入を検討しているとします。


ただしブラウザに「サプリメント」とタイプしただけでは自らが欲しているサプリメントの情報に辿り着くには漠然とし過ぎている、ということをユーザー自身が知っています。

そのため「サプリメント」という言葉の他に、「ダイエット」「置き換え」「燃焼系」など必要に応じて二つ目のキーワードをタイピングするのが普通です。
企業の側では、こうした二つ目のキーワードを予測して、自社の販売する商品がユーザーに確実に届けられるようにアンテナを張り巡らさねばなりません。

ところで一般には弱小と思われている個人商店が、大企業と互角以上の勝負に持ち込めるのは、この二つ目のキーワードを上手に取り込んでいるからなのです。


そもそも「サプリメント」というキーワードひとつだけで大企業に勝てるとは最初から考えていません。
しかしこの二つ目のキーワードをものにすれば、狭いニッチであったとしてもその分野では独占的にユーザーを集められる可能性があるのです。個人商店が自分でこの二つ目のキーワードを見つけることはそもそも起業の時点で必須事項でもありますが、Web制作者もこのテーマで鋭い嗅覚を発揮して、依頼主に対して「稼げる」提案を行なえるようでなくてはならないのです。

この意味でWeb制作者は、美しいWebサイトづくりのノウハウを知るだけではなく、マーケティング戦略家としても高度なスキルを持っていることが重要なのです。

大阪のweb制作の情報探しはそれほど難しくありません。

利便性を重視した広告制作なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

映像制作の料金情報をお届けします。

広告制作の情報収集がもっと楽になります。

お手軽な大阪の新聞折込の情報をご案内しているサイトです。

https://matome.naver.jp/odai/2139887054956952301

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9068542.html

http://girlschannel.net/topics/914052/4/

関連リンク

img-2

観光をより楽しむ為には

夏休みや大型連休の日には、海外旅行をする人が多いです。最近は、イノベーション効果で、海外からの観光客も増えています。...

more
img-3

記念日を残す動画制作

素人でもデジカメや携帯、スマホなどで簡単に動画を撮影することが出来るようになりました。さっと撮影して保存しておくことが出来て、大変便利です。...

more