img-1

カードプリンターの有効な使い道

名札や、社員証などは、会社に所属して働いている従業員であることを証明したり、取引先や、顧客、他の従業員から顔と名前を覚えてもらったりするために活用することができます。


カードを作るための素材には、紙やプラスチックなどが挙げられますが、使い道に応じた二素材を選ぶ必要があります。
プラスチックの素材のカードは、紙の素材のカードより耐水性や、耐久性に優れているため、色々な使い道で活用することが可能です。


会社で自由にカードを作るためには、カードプリンターを購入する必要があります。

近頃は、ICチップを搭載したカードにも対応できるカードプリンターも提供されているため、社員証を所持していることによって、専用のカードリーダーに社員証をあてれば、入退室の管理が簡単に可能となるといったメリットがあります。


カードプリンターを利用するメリットは、カードの作成を業者に発注する必要がないため、デザインが自由に決められて、普通のプリンターと同じように使うこと可能なことが挙げられます。


ICカードや、プラスチックの素材のカードに対応している機種であれば、使い道によって名札や、社員証などをオリジナルで作成することも可能です。製品を選ぶ方法としては、どんなカードを作りたいかによって決定する必要があります。
ICカードや、プラスチックが素材のカードにプリントしたいときには、対応している機種でないと、プリントすることが不可能です。
プラスチックカードや、ICカードにプリントしたい場合は、対応している機種のものを選ぶ必要があります。
その一方で、紙の素材のカードだけに対応してさえいれば問題ないというときには、ICカードのプリントに対応している機種よりも安い機種を選ぶこともできるようになります。
経費をあまりかけないで、自社でデザインした社員証や、名札を作成したい場合に、役に立つ重宝する製品で、ショップを運営する企業ならば、お客様用のポイントカードを作ることも可能になります。


ポイントカードは、たくさんのショップで利用されていて、磁気タイプのカードや、スタンプするタイプのカード、ICタイプのカードなどが提供されていますが、状況に応じたポイントカードを製作すると、普段から利用しているお客様に割引のサービスを提供することができるようになります。
スタンプするタイプのポイントカードは、表と裏の両面にプリントを施すことによって見開きのポイントカードにすることもできます。カードプリンターは、重さや大きさも大切な要素になります。


軽くて、サイズも小さければ、置き場所に困る悩みも解消され、企業のカード作成の役に立ちます。また、カードプリンターは、パソコンに繋ぐこともできるため、汎用紙のプリンターのような使い心地で利用することが可能で、新たに従業員が入社した場合も、新たな名札や社員証を直ぐに提供することができたり、お客様用のポイントカードを追加発行することもできるようになります。

















関連リンク

img-2

安全掲示板の特徴と使い方

安全掲示板は、作業現場の安全性に関する、情報を掲示することが目的です。従来は、口頭のみで安全確認するやり方が主流だったので、聞き逃してしまったり、確認が不足することがありました。...

more
img-3

オリジナルの紙袋で差をつける

例えば披露宴の引き出物に使う紙袋にオリジナルの物を製作することが出来ます。サイズも引き出物の大きさに合わせて制作会社の規定したサイズを利用することも出来ますし、場合によっては規定外のサイズも用意できます。...

more