img-1

映像制作にかかる費用はどのくらい?

映像制作と聞くと、漠然と「料金が高い」というイメージが浮かぶかもしれません。



映像制作の会社や、広告会社に見積もりを依頼し、出してもらった見積書を見ても、よくわからないという場合も多いでしょう。
動画制作では、どんな部分にどれだけのお金がかかっているかを理解しておく方が、健全な相場を把握することになるので、安く費用を抑えることにつながります。映像制作の料金としては、まず最初に人件費がかかるという点を押さえましょう。

動画を制作する際、目的に応じて「どのようなストーリーにするのか」、「どの場所で、誰に何を言わせるとその目的が達成できるか」などを考えて企画するのが、プランナーの役割です。



こうした企画に関わる料金は、「企画関連費」と呼ばれます。


仮に、自分自身でこれを作れる企業担当者の方がいれば、この場合の「企画関連費」はかからないことになります。



しかし、多くの場合は「企画プレゼン」を頼み、一番良いアイディアに決める場合が多くなっています。

映像を見た視聴者の目に留まり、最後までその映像を見てくれるように、プロの技術を駆使した企画をしてもらえるからです。

こうした「企画関連費」は、製作する映像の長さによって変わり、数でも変わります。


有名なクリエイターに企画を依頼すれば、その分だけ高くなりますが、一般的な目安としては15秒で30、000円から、30秒では50、000円から、それ以上の長尺になると100、000円からの価格帯になっています。ただし、会社によっては、企画提案のみではなく、撮影から納品までの実制作を依頼するなら、企画関連費は押さえてくれる会社もあります。



また、「企画コンテ」を作る費用はこの他にかかりますので、見積もりを単に見ただけでは判断できないのが、この項目です。


企画が決定すると、フルアニメーションの場合は別として、次の段階として撮影に入ります。



この時、撮影の細かい内容を決めたり、スタッフを決定して予算管理を行うのは、プロデューサーです。
プロデューサーは、作業する時間にもよりますが、およそ100、000円からの費用がかかります。



さらに、演出家にかかる費用については、安い演出家の場合は100、000円から引き受けてくれる方もいます。こちらも、演出家の力量によって料金が変わってきます。
そして、撮影の規模が大きくなればなるほど、それだけ多くのスタッフが必要になります。プロダクションマネージャーやカメラマン、アシスタントや照明技師、出演者やスタイリストなど、細かい役割を挙げるとキリがありません。

カメラマン、照明技師、美術担当など、それぞれアシスタントは企業ごとに1日単位で人件費基準が設けられている場合が多くなっています。



例えば、カメラアシスタントの場合は1日あたり15、000円から20、000円という形で計算されます。



撮影が長引いてしまい、翌朝までになった場合、次の日の仕事にも影響が出るので、1.5〜2日分の料金がかかることもあります。


関連リンク

img-2

Web制作者に求められているもの

Window95がリリースされた当時、日本でもようやくインターネットのインフラストラクチャーが整ってきて、多くの企業が公式Webサイトを開設するようになりました。その当時、企業のWebサイトは一件700万円ほどであったと言われています。...

more
img-3

映像制作を依頼する場合のポイント

インターネットでは当たり前のように動画コンテンツを楽しむことが出来るようになってきましたが、ビジネスにおいても非常に重要になっており、映像制作に力を入れている企業も少なくありません。しかし映像制作に関する技術がない場合は専門的な業者に制作を依頼した方がよいでしょう。...

more