img-1

ホームページ制作について

ホームページ制作の際、後々変更する可能性はあるものの、静的なホームページか、動的なホームページかを決めることになります。
静的なホームページとは、要するにサーバーサイドでPHPなどの処理が殆ど行われない、HTMLドキュメントや画像ファイルなどから構成されるホームページのことです。

大阪でホームページ制作に関する情報をまとめました。

この場合、そのサイトにアクセスしても、ブログなどのようにコメントを書き込んで、そのWebサイトの、サーバにおいてあるファイルの内容を変化させるといったことはできないといっていいでしょう。
ホームページ制作において、こういった静的なサイトを作成するメリットは、第一にサーバにそこまでスペックを要求しないで済むということです。

様々な分野の障害者施設の食事のお得情報を公開します。

基本的には、サーバは利用者がブラウザを経由して要求してくるアドレスにあるファイルをそのまま送信すれば良いわけですから、よく言うPHPなどのサーバサイドプログラムによる負担が少ないのです。

従って、こういった静的なホームページ用のファイルをホスティングするサイトも多く、かつ多少の広告が入ることを許せば、無料のサービスも多くあります。

また、こういった単純さゆえに、比較的セキュリティ上の懸念が少ないです(少ないだけで、ないとは言い切れません)。



デメリットとしては、更新作業などの管理が煩雑になりがちということです。

たとえば1つページを追加した場合、そこへのリンクを他のページに追加し、それをまたサーバにアップロードしなおす、といった作業を経る必要があります。
これらを総合して考えると、小規模なサイト向けです。

東京の監視カメラはこちらのサイトで情報公開中です。

動的なホームページとは、サーバサイドでPHPなどのサーバサイドプログラムを走らせることで、ホームページの内容に変化を齎すようなホームページのことです。代表的なものとしては、殆どのブログなどがそうでしょう。例外的に静的なコンテンツを更新のたびに書き換えるなどの方法で動的に見せているブログなどもありますが。


こういったサイトでは、例えばコメントを書き込んでクリックすれば、それがそのままそのブログ記事のコメントとして表示される、といったことも可能です。
もう少し直感的に言えば、SNSでしょうか。

安心安全の大阪でホームページ制作情報をピックアップしたサイトです。

これは入力されたログイン情報に反応して、同じアドレスにアクセスしていても、ユーザー毎に表示が違ったり、1人のユーザについても、タイムラインの更新を定期的に行うなどして変化のあるサイトを実現しています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8288959.html

こういったものを動的なホームページといいます。

ホームページ制作において、こういった静的なサイトを作成するメリットは、例えば大規模なサイトを運営していても、管理が楽、ということなどが上げられます。

http://okwave.jp/qa/q7380600.html

例えば数十に上る記事があるブログを更新したとき、管理者は記事の投稿ボタンを押すだけで、更新履歴が数十の記事全てのサイドバーなどに反映される、といったシステムが構築できます。
デメリットとしては、サーバ側で処理を行うため、だいたい十全に動かすにはある程度のスペックがいることが多く、レンタルサーバーが推奨されること(無料でこういったホームページの構築が出来るサーバスペースレンタルサービスは少なく、また機能が結構制限されます)、レンタルサーバの性能によって動作が重くなる場合があること、セキュリティ対策を確りしておく必要があること、等があげられます。
これらを総合して考えると、大規模なサイト向けです。

http://biz-journal.jp/2012/10/post_859_2.html

関連リンク

img-2

記念日を残す動画制作

素人でもデジカメや携帯、スマホなどで簡単に動画を撮影することが出来るようになりました。さっと撮影して保存しておくことが出来て、大変便利です。...

more
img-3

オリジナルの紙袋で差をつける

例えば披露宴の引き出物に使う紙袋にオリジナルの物を製作することが出来ます。サイズも引き出物の大きさに合わせて制作会社の規定したサイズを利用することも出来ますし、場合によっては規定外のサイズも用意できます。...

more