バスツアーを利用することについて

TOP > バスツアーを利用することについて

ツアーに参加したい場合は行き先や料金にもよりますが、交通手段をバス、新幹線、飛行機等から選ぶことができます。


そんな中でなるべく体力を温存できてツアー内容にも満足できるのはバスを交通手段に選んだ場合ではないでしょうか。
最近は参加者が自由に行動できるようにフリータイムを設けている場合が多いですが、バスツアーの場合はガイドさんが各ポイントごとに説明してくれることが多いので、参加者達が実際にどのようなところを見学してきたのかが分かりやすくなっています。

富士急の日帰り情報を探しましょう。

それに比べて飛行機や新幹線を交通手段に選ぶプランというのはただ単に宿泊代と交通費がセットだとお得ですよというニュアンスの方が強く、またセット料金を売りにしているせいか、ガイドが案内してくれることもあまりありません。



料金もバスツアーに比べて割高になっています。



ではバスを交通手段に選ぶと何も心配無いのかと言われるとそうでもありません。

便利なバスについてもデメリットがあります。それは一度出発するとその後降りる場所が決まっているので、もし移動中に体が痛くなったり、喉が渇いても我慢しなければいけないということです。


水分補給できなければ最悪の場合エコノミークラス症候群を発症してしまう可能性がありますし、夏の場合は熱中症にかかってしまう場合も考えられます。


しかしそれでも特に高齢者の方はバスで移動するプランに参加した方が体力的に楽になるのです。


水分補給はポカリスウェット等で補えば良いですし、あとはトイレ休憩をうまいこと活かして体調管理をしていけばきっとツアーを満喫することができます。